共働きでご飯を作りたくないけど、良い解決法はないの?

世の中には共働きの家庭がたくさんあります。
夫婦ともに朝から夜まで働き、疲れて家に帰ってきてやっと家族と顔を合わせられるというような日常です。
このような家庭でよく悩みのタネとして挙げられるのが、夜の食事の問題になります。

 

「仕事で疲れてもうくたくた。それなのにこれからまたご飯の支度をしなくちゃいけないなんて、ゾッとする。でも夫婦だし、作らないといけないよね」
と、このように無理をして毎日の夕食を作っていませんか?

 

仕事から帰ってきたらまず休みたいし、自分の時間だって持ちたいですよね。
無理した日常生活を続けることは結婚生活の破綻の原因にもなりかねません。
夫婦がお互いに無理なく穏やかに過ごせる食事事情は、きっと家庭の円満にも繋がっていくでしょう。

 


こちらのページではそのための方法を具体的にお伝えします。
最後までご覧いただくことで共働きの家庭における夕食事情の改善方法や、そのことによって得られる家庭円満のヒントなどを知ることができるはずです。

 

みなさまが穏やかで納得のいく夫婦生活を営めることを願っています。

 

ご飯は妻が作るもの?

 

昔ながらの風潮として、ご飯の支度は妻がするもの、という印象が現代でも少なからず残っています。
主婦として家事全般を担っている人ならそうするべきかもしれません。

 

しかし共働きの家庭ではなかなかそうもいかないものです。
お互いに仕事で疲れて帰ってきているのに、一方的に食事の支度は妻の仕事だと決めつけることは尚早でしょう。

 

もちろんこのようなことはその家庭内で話し合われるべき事項ですが、世の中の多くの人、とくに女性は、共働きなら夫と妻の立場は対等であるべきだと考えているようです。

 

先に帰宅したほうが作るというルールであったり、たとえ食事の支度は妻の仕事だとしても手が空いているなら夫にも手伝ってほしいと考えている人はたくさんいます。

 

結局はどうしたらいい?

 

家庭内でどういったルールがあるにしろ、共働きの家庭でしっかりとした夕食を用意することは大変です。
外食続きであったり、スーパーでお弁当や惣菜を買ってくるだけでは食費もかさみますし、栄養も偏りがちになってしまいます。
自宅で料理を作るには食材の買い物ももちろんですが、毎日の献立を考えることが大変だと思っている人も多いようです。

 

夫婦で上手く家事のバランスを取り合ってやっていけるとよいのですが、意見の食い違いによって夫婦生活に見えないヒビを入れることは控えるべきでしょう。
たかが食事かもしれませんが、されど食事です。

 

さて、共働き家庭の夕食事情の一つの解決策として、宅配食事サービスというものがあります。
「宅配なんて高そうだし、毎日頼んだら手間もかかりそう」と考えている人もいるかもしれませんが、実はそんなことはありません。
次の項では宅配食事サービス使用の利点について見ていきましょう。

 

宅配食事サービスとは

 

後ほど紹介する3つのサービスでは、管理栄養士によって栄養バランスの整えられた、主菜と複数の副菜からなる宅配食を注文することができます。
数食をまとめて注文し、冷凍状態で届く食材を冷凍庫で保存すれば、一度の受け取りで数日分の料理を確保することが可能です。
宅配食事サービスの利点について箇条書きでまとめます。

 

  • 管理栄養士によってカロリー制限なども考えられた栄養バランスのあるメニュー。
  • 減農薬や無添加などの安全性の高い食材の使用。
  • 冷凍食材は保存が可能で、食べる際も電子レンジや湯煎での解凍ですぐ食卓に並べられる。
  • 買い物に行く手間も料理を作る手間も必要ない。
  • 初回お試しや定期お届けコースでは価格もお得。

 

またサービスによってそれぞれ特徴があり、目的に合った宅配サービスを利用することで満足度も上がります。

 

わんまいる

 

使用する野菜は全て国産。
またプロの料理人による調理なので満足のいく味わいを得ることができます。
【日経DUAL食材宅配ランキング2016】において、品質と味で1位、総合でも2位に選ばれた実績があります

 

食卓便

 

和食、洋食、中華、また肉料理や魚料理の豊富なメニューの中から注文することができるので、飽きっぽい人にもおすすめできます。
送料が一律無料なのでお財布事情にも優しいです。

 

ウェルネスダイニング

 

近年では多くの人に関係のある糖尿病の予防に役立つ制限食の注文が可能です。
色味豊かな食材が使われ、味つけもしっかり行われているので、低いカロリーや塩分の料理でも満足感が高い食事をすることができます。

 

日々の生活の中にこれらのサービスを少しずつ取り入れることにより、無理のない食生活を送れるようになるかもしれません。
曜日によって自分で料理する日と宅配サービスなどを利用する日を決めておくのも賢いやり方です。

 

まとめ

 

夫婦はいがみ合うために一緒になったわけではないはずです。
ボタンの掛け違いなどとよく言われますが、掛け違えたのならもう一度掛け直せば関係性の修復もできます。
お互いがお互いを気遣い、協力し合う気持ちを再確認しましょう。

 

日々の生活の中の1食の食事なんて些細なことかもしれませんが、些細なことの積み重ねで関係はほつれていきます。
共働きの家庭が増えるにつれ、夫婦の夕食事情の問題も増えてくるでしょう。

 

今回紹介した宅配サービスのように、外部からの支援を受けることも必要になるかもしれません。
視野を広げて物事を見れば、解決する方法もきっと見つかります。
より良く、そして穏やかな生活を目指していきましょう。